2011年07月06日

さよなら福岡

11070601.jpg

 突然のことではあるが、急遽東京に戻って来いとの命令が来て、このたび福岡を去ることになった。もう少しこちらにいるだろうという予想だったのだが、1年も経たずして福岡を離れることになる。辞令一本で東へ西ヘ。サラリーマン稼業というのはこういうものだ。

 単身赴任となると何かと不自由なことが多いので、東京に帰ることが決まると喜ぶ人が多いのだろうが、住みやすい街であったぶん、少々後ろ髪を引かれるところがあるのは事実だ。

 生活能力もない身で初めての単身生活を見知らぬ土地で送ることになり、来た当初はどうなることやらと心配もしたが、地元の人は皆さん、明るく開放的で温かく迎えてくれた。仕事で出会って親切にして頂いた方々には、いくら感謝してもし足りないくらいだ。お蔭で楽しい一年を過ごすことが出来た。

 東京の家族や実家の両親に対して、週末便りのつもりで書き出したブログだったが、結局散歩と読書の日記になってしまった。まぁ実際のところ、それぐらいしかしなかったのだが、福岡のあちこちを歩いて回ったのは実に楽しい思い出だ。東京でもたいてい週末は散歩に出掛けていたが、こちらの方が歩きがいのあるコースが多かった。あちこち見て回って、本当に良い街だと思った。

 もう一度この街に赴任して暮らすことはないと思う。そういう意味で、まさに一期一会の滞在だったが、他にも可能性のあった様々な転勤先候補の中で、偶然にせよ福岡に来ることが出来て良かったと思っている。

 最後に残念だったのが、博多祇園山笠で舁き山笠が市内を疾走するところが見られなかったことだ。「博多手一本」で福岡単身生活を締めたいところだが、それもかなわぬ夢となった。


「別るるや 夢一筋の 天の川」(夏目漱石)


 福岡の皆さん、さようなら、そしてありがとう

posted by OhBoy at 23:35| 日記