2011年02月11日

またもや荒れ模様の三連休

11021101.jpg

 1月に引き続き三連休がやってきた。1月8-10日の三連休は天気が悪く、あいにくの休日だった。そして天気予報によれば、今回の三連休もまた、あいにくの空模様らしい。雪、しかも暴風雪になるかもしれない、なんていう地区もある。どうして三連休となるとこうも天気が悪いんだろう。

 本日の福岡の天気は、朝から雨。雪にならなかっただけましと思うしかないだろう。でも山の方は雪になっているのかもしれない。京阪神では朝から雪が降っているようなので、こちらもそのうち雪になる可能性がある。まぁ日本海側なので、冬の天気はこんなもんだろう。

 当初の予定では、本日は朝から外出することになっていた。しかも久留米の先まで行ってたっぷり歩くという計画だった。面白い企画だったので楽しみにしていたのだが、悪天候ゆえ中止ということに相成った。まことに残念な話である。

 計画では「城島酒蔵びらき」というイベントに参加する予定だった。城島というのは、久留米と柳川の中間辺りにある町で、酒どころである。この時期、周辺の9つの酒蔵が共同で、新酒のお披露目を兼ねたイベントをやる。今年で17回目になるらしいが、毎年かなりの賑わいで、周辺から大勢の人が集まると聞く。

 この時期、城島に限らず酒蔵開きというのが北九州各地で行われる。たいていは酒蔵ごとに行っていて、内部を見学させてくれて新酒の試飲なんぞをさせてくれるという催しだ。酒蔵の中を覗くというのはめったにない機会なので、飲兵衛はこまめにチェックし、休みの日にあちこち訪ね歩いているなんて話を聞く。

 城島酒蔵びらきの場合は、周辺の酒蔵が協力して、町全体のお祭りとして行われているところが他とは違っている。各酒蔵が見学者を受け入れ新酒の試飲をさせるだけでなく、町の中にイベント広場を設け、地域の特産品の販売会や和太鼓の演奏なども行われるらしい。最寄の駅からシャトルバスも出るようで、なかなか大規模な催し物だと聞いた。

 実を言うと私は酒を飲まない。だから酒蔵びらきそのものにはあまり参加意欲が湧かない。にもかかわらずお誘いがかかったのは、ウォーキング目的で参加する人々がいたからだ。

 城島の酒蔵は町内にほどよく散らばっていて、駅から歩き始めてグルリと回ると10kmほどの手軽なウォーキングになるらしい。それぞれの酒蔵を覗きながら、川沿いの田舎道をのんびり歩くという趣向である。沿道沿いは色々イベントやったり出店が出たりしているので、時々そんなものも覗き、食事も地元のおいしい料理屋があるので案内しますよ、なんて言われた。これはなかなか魅力的なお誘いだなと思って、ウォーキング組に乗ったのである。

 だが、そこに降って湧いたような天気予報。久留米地方の天気は雪。しかも昨夜の予報では暴風雪と出ていた。10kmも悪天候の中を歩いて風邪でも引いたら、誰も同情してくれないだろうという話になり、昨夜のうちにウォーキング組は参加断念。しかし、飲兵衛組は「酒蔵で酒飲むだけなら雪でも大丈夫」とか言って参加を決行する様子。あぁ酒飲みってヤツは・・・。

 まぁ三連休明けの報告を楽しみにしよう。あんがい天気は持って、ウォーキングも出来たんだったりすると、おおいに悔しい話だが・・・。「暴風雪で死ぬかと思いました」なんて報告が来たら、「やっぱり止めたのは正解だった」と、安堵の溜息をつきそうだ(笑)。


posted by OhBoy at 23:16| 日記